合宿免許には3つの特徴があります。まず一つ目が短期間での免許取得が可能です。

一般的には、普通車ATは最短で14日間、普通車MTは最短で16日間で卒業ができます。また、普通2輪車ATは最短で7日、普通2輪車MTは最短で9日で卒業ができます。



通常の通学免許では平均して2か月~3か月かかりますし、自分で学科の時間を調べて参加し、実技の予約を取らなくてはいけません。
しかし合宿免許なら全てスケジュールが組まれているので、自分で技能予約を取る必要がありません。


二つ目が費用が安くなっています。

合宿免許の費用は、教習費用、宿泊費用、食費、交通費、保証料金が全て込みの価格になっています。


教習所によっては食費や交通費が別途ということもあるので一概ではありませんが、基本的には込みになっています。

また、補修や再検定の場合も追加費用がかかることはありません。
事前に料金形態について確認しておく必要はありますが、通学免許の場合はMT免許が約30万円、AT免許が約28万円に対して合宿免許の場合はMT免許は約23万円、AT免許は約20万円と、かなり安いのが特徴です。



三つ目が旅行気分が味わえます。



自宅を離れて合宿を行うため、違う土地で楽しみながら参加できます。空き時間もたっぷりと用意されているので、観光やレジャーに出かける人も少なくはありません。

一人で参加して新しい出会いを求めるのもいいですが、友人同士で参加して思い出を作るのもいいでしょう。