合宿免許、それは普通免許、つまり自動車免許を2週間という短い期間で取得することのできるとても便利な合宿のことです。

そしてそれは教習所に通うよりも安いので短期集中で免許を取得したい人にはとても便利なものとなっているようです。

教習所に泊まり込むようなものですし、相部屋ということもあるので敬遠する人もいるのは事実ですが、例えば学生が卒業して就職や進学するまでの短い期間で免許を取得する場合にぴったりということもあって依然として人気があります。



場所は土地代の安い郊外にあり、それも安く取得できる要因となっています。



また、場所によってはとても自然豊かでちょっとした長期の旅行に行っているような気分を味わえるというメリットもあるのです。


日曜は休みですし、通学という手間と時間をとられることもありません、周りにいる人たちも同じ目的を持った人たちなので新たな人間関係をつくるにもいいでしょうし、出会いの場ともなっているようです。

では合宿免許のデメリットとはなんでしょうか、それは短期間で取得する故に発生します。

人というものは、短い期間で覚えたことは短い期間で忘れてしまう傾向があります。

ですので、免許をとってすぐに運転をするのであればよいのですが、しばらく時間が空いてしまうと、例えばペーパードライバーなってしまった時に事故に遭う確率が合宿免許でない人よりも上がってしまうのです。
仕方のないことですがそれを防ぐためにも合宿免許をとったのであれば定期的に運転して事故に遭う確率を下げる努力をすることも有効な手段です。