一般的に合宿免許は通学型の教習所と比較するとトータルの出費が低く抑えられるのでお得です。

2、3週間程度のまとまった休みを取れるならばぜひともおすすめです。

教習所によりサービス内容は異なりますが、合宿免許のプランには運転免許取得のための学科技能教習と検定費用、食事代、宿泊費用が含まれ、往復の交通費の補助が受けられます。

ここでぜひチェックしておいてほしいのが、期間内に卒業できなかった場合の保証の有無です。



教習がオーバーしても期限内であれば追加料金がかからないサービスです。

教習費用だけでなく、宿泊費や食事代も日割りで請求されて思わぬ出費を強いられることがありますので、追加料金のかからない教習所やプランを選ぶことをおすすめします。
合宿中は短期間で運転免許取得を実現するためにカリキュラムがぎっしりと組まれています。

門限や宿舎での飲酒禁止等制限もあるようで、自由な時間はあまりありません。


集中して技能を身に着けられる一方で、教習がうまくいかなかったりすると落ち込んだり、周りと比較して自信を無くしたりすることもあります。

楽しいはずの合宿が、集団生活や不慣れな環境に身を置くことでストレスを抱えてしまったり、体調を崩してしまうこともあるようです。



免許を取るだけだから他には何もなくても良いなどと考えずに、宿泊先の設備やサービス、食事等、自分がリラックスできる環境かどうかチェックしておきましょう。



合宿免許は長丁場になりますので、上手にリフレッシュすることが大切です。